膵臓がんプラザ
膵臓がんプラザ




















膵臓がんへの放射線治療


放射線治療は、原則として同じ部分には再び照射はできません。
例えば、膵臓がんと診断されて放射線治療を行い、同じ部分に再発した場合、たとえ初回の放射線治療から何年も時間が経っていても、同じ部位に同様の放射線治療はできないということです。それは、膵臓がん周辺の正常組織が、放射線によって障害を受け、その障害が蓄積されるからです。放射線は切り札である一方、一枚しかない切り札であるとも言えます。

それではどうしたらいいのでしょうか?
可能な限り、正常組織に対しては放射線を当てずに、がんの部分にはたくさん放射線を当てて、がん細胞を最大限に駆除する工夫が必要です。

膵臓がんへの放射線治療について詳しく

メリディアン(ビューレイ社)のご紹介

このシステムは非侵襲的な画像診断であるMRIと放射線治療システムとを一体化させた、いわば「放射線治療のできるMRI」と言える装置です。


■メリディアンの特徴

①正常組織と腫瘍を同時に監視します。

②位置合わせのための余分な放射線被曝はありません。

③CTで見えない病変もMRIで見える。


放射線治療システム「メリディアン」について詳しく